有働 薫 (うどう かおる)




1939年東京都杉並区生れ。


詩集

『冬の集積』 (1987年詩学社刊)、

『ウラン体操』 (1994年ふらんす堂刊)、

『雪柳さん』 (2000年ふらんす堂刊)、

『スーリヤ』 (2002年思潮社刊)、

『ジャンヌの涙』 (2005年水仁舎刊)。


翻訳書

レジーヌ・ドゥタンベル『閉ざされた庭』 (東京創元社刊)、

ジャン=ミッシェル・モルポワ『青の物語』 (思潮社刊)、他。


ウエブ上では

灰皿町ブログhttp://www.haizara.net/?kirita/udo/ をごらんください。

また現在 出版社ふらんす堂ホームページhttp://furansudo.com/

コラム 《詩人のラブレター》を月替りで連載しています。


世界の中の微細な1点の意識としてアピールするために詩を書いています。

水の惑星地球に水の起こした奇蹟の1滴として限りある時間を与えられたことに感謝しつつ。